オリパラセレクト

フォローする

内村、団体・個人総合での五輪断念 鉄棒に絞る方針

2020/6/26 21:17
保存
共有
印刷
その他

2016年リオデジャネイロ五輪体操男子個人総合決勝の鉄棒で着地し、顔をゆがめる内村航平=共同

2016年リオデジャネイロ五輪体操男子個人総合決勝の鉄棒で着地し、顔をゆがめる内村航平=共同

体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(リンガーハット)が、故障の影響から東京五輪で団体総合と個人総合への出場を断念したことが26日、関係者への取材で分かった。種目別鉄棒に絞って出場を目指す方針。

31歳の内村は昨年、両肩痛が響いて4月の全日本選手権で予選落ちし、世界選手権代表から外れた。肩の痛みはその後も消えず、負担の大きいつり輪などは十分に練習できない状態が続いた。

 2016年リオデジャネイロ五輪体操男子個人総合で、金メダルを獲得した内村航平の演技。(左上から時計回りに)あん馬、鉄棒、床運動、つり輪、平行棒、跳馬=共同

2016年リオデジャネイロ五輪体操男子個人総合で、金メダルを獲得した内村航平の演技。(左上から時計回りに)あん馬、鉄棒、床運動、つり輪、平行棒、跳馬=共同

五輪で団体と個人総合を戦うには今後の代表選考会で全6種目をこなして上位に入る必要があり、現在の状態では厳しいと判断した。

日本は東京五輪で既に団体総合の出場枠を獲得。さらに今後の五輪予選で団体とは別に個人の出場枠を手にできる可能性があり、種目別に絞った選手にも五輪で演技するチャンスがある。

内村は高い総合力を誇り、6種目の個人総合では世界選手権で2009年から6連覇を達成。17年以降の世界選手権は足の故障もあって個人総合では結果を残せなかった。得意種目の鉄棒は15年に世界一に輝いている。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 来年に延期された東京五輪のメダル候補、競泳男子の松元克央(セントラルスポーツ)が9日、千葉県国際総合水泳場で行われた競技会で得意の200メートル自由形を1分46秒69で制した。200メートルのレース …続き (8/9)

準決勝進出を決めた楢崎智亜(9日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップは9日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で開幕して男子予選が行われ、東京五輪代表の楢崎智亜が1位となり、前回優勝の藤井快(とも …続き (8/9)

 日本体育大の男子柔道部で部員、指導者の計10人が新型コロナウイルスに感染していたことが8日、関係者の話で分かった。いずれも軽症で、保健所の指示に従って隔離されているという。道場がある東京都世田谷区の …続き (8/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]