/

ヤクルト、山田哲人と7年契約 総額約40億円

ヤクルトの山田哲人内野手(28)が4日、東京都内の球団事務所で契約交渉を行い、現状維持の年俸5億円プラス出来高払いで7年総額約40億円の契約を結んだ。今季は打率2割5分4厘、12本塁打、52打点で、11月19日に今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると発表した。「今季は迷惑を掛けたのに評価していただいた」と感謝した。

7年契約を結び、「7」の数字を掲げるヤクルト・山田哲(4日、東京都内の球団事務所)=代表撮影・共同

残留を高津臣吾監督に電話で伝えた際に来季の主将就任を志願し、受け入れられた。「ずっとそういうタイプではないと思ってきた。でもこれからは視野を広くして、姿勢でも結果でも引っ張っていきたい」と語った。

FA権については「特にパ・リーグに挑戦したい思いがあった。初心に帰れるだろうし、勉強になるのではと思った」と、行使するか悩んだという。高津監督やチームメート、ファンの残留を望む声を受け「愛されているんだなと感じた。居場所はここだと思った」と話した。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン