/

プロ野球、昨季はコロナ陽性39人 観客からの報告5件

日本野球機構(NPB)は12日、昨季の新型コロナウイルスへの対応を取りまとめた「NPB2020年シーズン総括」を公式サイトで公開した。プロ野球関係者で陽性となったのは選手22人、コーチ2人を含む39人だった。

陽性者の中で何らかの症状があったのは24人、無症状は15人だった。最も多かった症状は発熱の18人で、喉の痛みや違和感が6人、倦怠(けんたい)感が5人と続いた。

試合観戦後に陽性となったという観客からの報告は5件あり、発症のタイミングなどからそのうち2件が保健所の調査の対象となったが、球場内での感染はなかったとした。

感染者や濃厚接触者が出た際に柔軟に選手を入れ替えられる「感染拡大防止特例2020」は、集団感染が判明した阪神とロッテで延べ23人に適用された。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン