/

陸上男子100に小池 五輪追加代表、400リレーは桐生ら選出

日本陸連は2日、東京五輪の追加代表を発表し、残り1枠の男子100メートル代表に小池祐貴(住友電工)が決まった。同400メートルリレー代表として桐生祥秀(日本生命)とデーデー・ブルーノ(東海大)を選出した。既に決まっていた選手を含む総計で男子43、女子22人となった。

100メートルの選手はリレー代表を兼ねる。優勝を狙う400メートルリレーに万全の状態で臨むため、個人種目の出場を原則1種目に絞る日本陸連の戦略に沿い、小池は200メートル代表を辞退。200メートルはサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)と山下潤(ANA)が初、飯塚翔太(ミズノ)が3大会連続の代表に決まった。

女子1500メートルは田中希実(豊田自動織機TC)と卜部蘭(積水化学)が、この種目の日本女子で初めて五輪に出場する。同100メートル障害は寺田明日香(ジャパンクリエイト)ら3人が入った。

女子5000メートルは新谷仁美(積水化学)が1万メートルに専念するため代表を辞退し、萩谷楓(エディオン)が新たに代表となった。男子の走り高跳びは戸辺直人(JAL)ら、棒高跳びは山本聖途(トヨタ自動車)らが代表。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン