プロ野球

ヤクルト徳山が難病公表 11月に手術受ける

2016/12/17 0:50
保存
共有
印刷
その他

黄色靱帯骨化症の手術を受けたことを公表したヤクルトの徳山武陽投手(16日、東京都港区の球団事務所)=共同

黄色靱帯骨化症の手術を受けたことを公表したヤクルトの徳山武陽投手(16日、東京都港区の球団事務所)=共同

ヤクルトの徳山武陽投手(27)が16日、厚生労働省から難病に指定されている黄色靱帯骨化症の手術を11月に受けたことを公表した。10月の秋季教育リーグ中に左脚のまひを訴えて精密検査を受け、判明した。

黄色靱帯骨化症は背骨付近の靱帯が硬化して脊髄を圧迫する病気で、下半身のまひなどの症状が出ることがある。ソフトバンクの大隣憲司投手、元巨人の越智大祐投手、楽天の星野仙一球団副会長が手術を受けている。

徳山は復帰を果たした大隣から助言を受けているといい「大隣さんより早く復帰して、次にかかる人がいれば助けになりたい」と話した。

立命大から2012年に育成選手として入団した徳山は13年に支配下選手登録され、昨季は39試合に投げてリーグ優勝に貢献した。今季は3試合の登板にとどまり、16日に年俸1150万円で来季の契約を結んだ。(金額は推定)〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 3球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得した石川・星稜高の奥川恭伸投手が18日、金沢市の同校でヤクルトの伊東昭光編成部長と、担当の阿部健太スカウトから指名あいさつを受け「少しずつ実感が湧いて …続き (19:08)

監督会議を終え、握手を交わす巨人・原監督(左)とソフトバンク・工藤監督(18日、ヤフオクドーム)=共同

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2019は19日にヤフオクドームで開幕し、5年ぶりにセ・リーグを制した巨人と、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜き3年連続日本一を狙うソフトバンク …続き (17:03)

中日・与田監督(右)からサインとメッセージが入った「交渉権確定」の当たりくじを贈られた東邦高の石川昂弥内野手(18日、名古屋市)=共同

 ドラフト会議で3球団が1位指名で競合し、中日が交渉権を獲得した愛知・東邦高の石川昂弥内野手が18日、名古屋市の同校で与田剛監督らから指名あいさつを受け「とてもオーラがすごくて、肩幅が広いなと思った。 …続き (16:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]