/

桃田ら15選手、デンマークOP出場辞退 バドミントン

日本バドミントン協会は2日、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)ら日本代表15選手が13日開幕のデンマーク・オープン(オーデンセ)の出場を辞退したと発表した。関係者によると、デンマークや欧州での新型コロナウイルス感染再拡大を受け、所属チームから申し入れがあったという。

コロナ禍でワールドツアーは3月中旬の全英オープンを最後に中断し、デンマーク・オープンで再開する。年内に日本代表が出場を予定している国際大会は他になく、1月にマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した桃田の復帰戦は12月下旬の全日本総合選手権(東京・町田市立総合体育館)となる見通し。

デンマーク・オープン出場予定選手はシングルスで女子の奥原希望(太陽ホールディングス)と男子の西本拳太(岐阜県協会)、女子ダブルスの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)志田千陽、松山奈未組(再春館製薬所)の8人。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン