/

13歳喜田ら決勝進めず 新体操イオン杯第1日

ジュニア個人総合予選で6位となった喜田純鈴のリボン(17日、東京体育館)=共同

新体操のイオン・カップ世界クラブ選手権第1日は17日、東京体育館で予選が行われ、昨年の全日本選手権の種目別で史上最年少優勝を果たした13歳の喜田純鈴(エンジェル・カガワ日中)は個人総合のジュニアで4種目合計54.648点の6位となり、7位の鈴木歩佳(NPOぎふク)とともに19日の決勝に進めなかった。

シニアでは世界選手権2連覇のヤナ・クドゥリャフツェワ(ガスプロム=ロシア)が72.883点でトップ。日本勢は山本果歩(エンジェル・カガワ日中)の17位が最高で、予選通過の8位以内に入れなかった。

クラブ対抗はエンジェル・カガワ日中が8位、NPOぎふクが11位で敗退した。開催地推薦で予選免除のイオンなど8チームで決勝トーナメントを争う。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン