/

乾・吉田組、上々の92点台 AS日本選手権

アーティスティックスイミング(AS)の日本選手権第2日は13日、山口市の山口きらら博記念公園水泳プールで行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)で、東京五輪に出場する乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組がオープン参加で92.9153点と上々の評価を得た。和田彩未、小林唄組(長野ク)が82.7170点で1位となった。

デュエット・テクニカルルーティン 乾(左)、吉田組の演技(13日、山口きらら博記念公園水泳プール)=共同・代表撮影

チーム・フリールーティン(FR)では、オープン参加した東京五輪代表の日本(乾、吉田、福村、安永、塚本、京極、木島、柳沢)が93.4333点を出した。井村クAが85.7000点で優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン