/

柔道13選手の五輪代表権維持へ 男子66キロ級は継続検討

全日本柔道連盟(全柔連)は15日、オンライン形式での常務理事会と強化委員会を開き、2月までに東京五輪代表に決まっていた男子73キロ級の大野将平(旭化成)、女子52キロ級の阿部詩(日体大)ら男女13選手の代表権を、1年延期された本番まで維持する方針を固めた。今後、理事会で正式に決まる見込み。

オンラインで報道対応した中里壮也専務理事によると、協議の過程で再選考を求める意見も出たが、全会一致で方針を決定。新型コロナウイルスの感染状況が収束して国内外で大会を開催できる見通しが立たないことから「選考し直す手だてがない」と説明した。

丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)の新旧世界王者が争い唯一代表が決まっていない男子66キロ級は、ウイルスの感染状況を踏まえながら、選考方法を継続して検討する。4月から延期となった最終選考会の全日本選抜体重別選手権の実施を目指しつつ、別手段も模索する。

今秋に任期満了となる日本男子の井上康生監督の任期を来年9月まで特例的に延長することも確認。全柔連の規定では代表監督の任期は1期4年、最長2期8年と定められ、井上監督は2012年11月に就任した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン