/

高谷惣・皆川ら世界選手権代表入り 全日本選抜レスリング

レスリングの世界選手権(9月・カザフスタン)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権第2日は14日、東京・駒沢体育館で行われ、男子フリースタイル86キロ級で高谷惣亮(ALSOK)が昨年の全日本選手権に続いて制して日本協会の選考基準を満たし、代表入りを決めた。

男子フリー86キロ級決勝 松坂誠応(右)を攻める高谷惣亮(14日、駒沢体育館)=共同

女子76キロ級で昨年の世界選手権3位の皆川博恵(クリナップ)が1次リーグで敗れた17歳の鏡優翔(東京・帝京高)に決勝で雪辱し、男子でフリー97キロ級の赤熊猶弥、グレコローマンスタイル87キロ級の角雅人(以上自衛隊)と97キロ級の奈良勇太(警視庁)とともに代表入り。

女子62キロ級で昨年の世界選手権銀メダルの川井友香子(至学館大)や男子のフリー57キロ級で昨年の世界3位の高橋侑希(ALSOK)は2試合を勝ち、15日の決勝に進んだ。フリー74キロ級で昨年の世界選手権代表の藤波勇飛(ジャパンビバレッジ)は準決勝で奥井真生(自衛隊)に敗れた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン