スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

幕下以下の力士がコロナ感染 2度目検査で陽性

2020/8/14 21:00
保存
共有
印刷
その他

日本相撲協会は14日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。幕下以下の感染者については、個人情報保護の観点からしこ名、所属部屋名を公表していない。

この力士は10日夕に体調を崩し、部屋で隔離。11日に受けたPCR検査で陰性だった。しかし、13日にも体調不良を訴え、再度の検査で陽性と判明。14日に入院した。

相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると感染経路は不明で、濃厚接触者の検査結果は出ていない。濃厚接触者と認定されなかった部屋関係者も協会が検査を受けさせる予定。

芝田山部長は新型コロナに感染した松ケ根親方(元幕内玉力道)が退院したことも明らかにした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

 日本相撲協会の伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は30日、東京・両国国技館で開いた大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議で、新型コロナウイルスの集団感染により、秋場所を全休した玉 …続き (30日 19:16)

大関昇進が決まり、ガッツポーズする正代(30日午前、東京都墨田区の時津風部屋)=代表撮影・共同

 大相撲の東関脇正代(28)=本名正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進が30日、日本相撲協会の番付編成会議と臨時理事会で満場一致で承認された。伝達式の「至誠一貫」という口上に込めたのは、「相撲 …続き (30日 17:30)

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、再十両4人を発表した。新十両はいなかった。
 右膝の大けがで幕内から序二段まで落ちた業師の宇 …続き (30日 12:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]