オリパラセレクト

フォローする

パラ発祥地、新型コロナの医療拠点に 軽症者が対象

2020/4/10 21:23
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、世界各地のスタジアムやスポーツ施設が臨時の医療支援拠点に姿を変えている。国際パラリンピック委員会(IPC)によると、大会発祥の地で聖火リレーの採火式が行われるストーク・マンデビル(英国)もその一つ。病院に隣接する障害者スポーツ拠点の複合施設は今、約240床のベッドを準備して対応に追われている。

「パラリンピック発祥の地」と書かれたストーク・マンデビル病院内のスポーツ施設(2017年7月、英ストーク・マンデビル)=共同

「パラリンピック発祥の地」と書かれたストーク・マンデビル病院内のスポーツ施設(2017年7月、英ストーク・マンデビル)=共同

1948年に「パラリンピックの父」と呼ばれるルートビヒ・グトマン医師が提唱し、ストーク・マンデビル病院で開かれた車いす患者のアーチェリー大会がパラスポーツの起源とされる。その理念を実現する形で開業した障害者スポーツ施設。グラウンドや体育館などを兼ね備えるが、英国でも猛威を振るう新型コロナウイルスの影響で臨時の「ヘルスケアセンター」として主に軽症者を対象に活用されている。

先行きが不透明な中、パラスポーツは呼吸器系など基礎疾患を抱える選手が多く、選手に不安も広がる。IPCのパーソンズ会長は「誰にもいつスポーツが再開できるか見通せないが、今こそ壁を越えた協力と連帯が必要な時だ。東京大会は人類が困難に打ち勝ったシンボルになってほしい」と来年に延期された大会に期待を込めた。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪・パラリンピックが1年延期されたことを受け、五輪と当初日程が重なった来年の全国高校総合体育大会(インターハイ)について、全国高等学校体育連盟(全国高体連)は24 …続き (9/24)

柔道のグランドスラム東京大会の中止などについて語る全柔連の山下会長(23日午後、東京都新宿区)=共同共同


 新型コロナウイルスの影響で柔道のグランドスラム(GS)東京大会の中止が決まり、全日本柔道連盟の山下泰裕会長は23日、「万全な形で開催する方向だったので残念だ。ただアスリートを守るという意味ではやむを …続き (9/23)

国際柔道連盟は12月のGS東京大会を中止すると発表した(2019年11月、GS大阪大会で握手を交わす丸山城志郎と阿部一二三)=共同共同

 国際柔道連盟(IJF)は22日、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し、12月のグランドスラム(GS)東京大会(国立代々木競技場)を中止すると発表した。来夏に延期された東京五輪を控え、より慎重な対応を …続き (9/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]