/

楽天・松井、現状維持2億5000万円で更改 来季は救援専念

楽天の松井裕樹投手が27日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2億5千万円でサインした。4年契約の2年目となる来季は石井一久新監督と話し合い、救援での起用が決定。2年ぶりのセーブ王も期待され「セーブ数が増えれば勝利を重ねて(チームが)上にいける。結果的にそうなればいい」と意気込んだ。

今季は開幕から先発に挑戦したが10月からチーム事情のために救援に戻った。最終盤では抑えを再び託され好投を続けた。「先発では力を抜くというテーマでやっていた。その力の抜きどころと、中継ぎになってからは出力を上げて投げていて、うまくかみ合った」と振り返った。

日本シリーズのテレビ中継も観戦していたという。来季の目標には日本一を掲げ「しっかり投げて最後のマウンドに、優勝のマウンドに立っていたい」と力強く語った。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン