/

世界パラ陸上が開幕 女子400で田中1位、木山2位

女子400メートル(車いすT52)で力走する田中照代。奥は木山由加(14日、ロンドン)=共同

【ロンドン=共同】2年に1度行われるパラ陸上の世界選手権は14日、ロンドンで開幕した。95カ国・地域から集まった障害者アスリートが、障害の種類、程度によって区分された計202種目で競う。

第1日の午前は出場選手数が少ないためメダルの対象とならない種目が行われ、日本選手2人のみが出場した女子400メートル(車いすT52)で、田中照代(チームTIR)が1分21秒20で1位、木山由加(エイベックス)が2位だった。

午後の女子200メートル(切断などT47)予選にはリオデジャネイロ・パラリンピック代表の辻沙絵(日体大大学院)が出場する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン