/

バド五輪予選、6月まで先延ばし 対象大会延期で

世界バドミントン連盟(BWF)は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の出場権が争われる予選期間を6月15日まで先延ばしすると発表した。出場権は5月18日付の五輪予選ランキングで決まる予定だったが、3~4月に組まれていた対象大会が延期となったための措置。マレーシア・オープンは5月25~30日、シンガポール・オープンは6月1~6日に行われることが決まった。

日本障がい者バドミントン連盟によると、東京パラリンピック出場を懸けた争いは、5月に代替開催が決まったスペイン国際大会までという。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン