スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

武・的場騎手らに農水大臣賞 国内競馬で顕著な功績

2019/4/26 19:07
保存
共有
印刷
その他

国内競馬で顕著な功績のあった騎手や生産者らへの農林水産大臣賞の授与式が26日、東京都内で行われ、昨年9月に史上初の日本中央競馬会(JRA)通算4千勝を達成した武豊騎手ら4人が表彰された。同賞は競馬産業の活性化や馬産地の振興などを目的に創設され、表彰は今回が初めて。武騎手は「大変うれしい。騎手として認めていただいたという気持ち」と喜びを語った。

農林水産大臣賞を受賞し、表彰状を手にする武豊騎手。右は吉川農相(26日午後、東京都千代田区)=共同

農林水産大臣賞を受賞し、表彰状を手にする武豊騎手。右は吉川農相(26日午後、東京都千代田区)=共同

昨年8月に地方競馬最多の通算7152勝を挙げた62歳で大井競馬の的場文男騎手も受賞。「長年頑張ってきたご褒美。地方競馬からもこういう賞をもらう騎手がどんどん出てくれば、競馬の発展につながる」と話した。

このほかG1優勝馬4頭を育成した北海道日高町の木村牧場の木村貢代表、JRAの土川健之前理事長も功績をたたえられた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

菊花賞で優勝した武豊騎乗のワールドプレミア(左)=共同

 「ひと言で(いえば)騎手がうまいですよね」。最後の一冠を制したワールドプレミアの友道康夫調教師は勝因を問われ、こう答えた。この言葉通り、50歳7カ月6日という菊花賞の最年長優勝記録を更新した武豊の熟 …続き (20日 23:29)

第80回菊花賞で優勝したワールドプレミアと武豊騎手(20日、京都競馬場)=共同

 第80回菊花賞(20日・京都11R3000メートル芝18頭、G1)クラシック3冠レースの最終戦。3番人気のワールドプレミア(武豊騎乗)が3分6秒0で制して重賞初勝利をG1で飾り、1着賞金1億2千万円 …続き (20日 17:09)

 英国競馬のチャンピオンステークス(2000メートル芝、G1)は19日、アスコット競馬場で9頭が出走して争われ、オイシン・マーフィー騎乗の日本馬ディアドラ(5歳牝馬、橋田満厩舎)は3着となり、8月のナ …続き (20日 1:34)

ハイライト・スポーツ

[PR]