/

男子は水谷が8強入り、女子リオ代表勢は敗退 卓球荻村杯

男子シングルス2回戦 吉村真晴に勝利した水谷隼(17日、東京体育館)=共同

卓球のワールドツアー、荻村杯ジャパン・オープン第3日は17日、東京体育館でシングルスの本戦が始まり、女子でリオデジャネイロ五輪代表の石川佳純(全農)伊藤美誠(スターツ)福原愛(ANA)がいずれも2回戦までに敗れ、ベスト8に残れなかった。

世界ランキング4位の石川は2回戦で鄭怡静(台湾)に3-4で競り負けた。15歳の伊藤は2回戦で、4月の五輪アジア予選で勝った世界女王の丁寧(中国)に1-4で完敗。福原は1回戦で帖雅娜(香港)に1-4で屈した。女子の日本勢では15歳の早田ひな(福岡・希望が丘高)だけが8強入りした。

男子の五輪代表は水谷隼(ビーコン・ラボ)と吉村真晴(名古屋ダイハツ)が2回戦で対戦し、水谷が4-1で勝って準々決勝に進んだ。丹羽孝希(明大)は初戦で敗退した。男子ダブルスの丹羽、吉村組は世界ランキング1位の馬龍、3位の許●(日へんに斤)の中国ペアに1-3で敗れた。

21歳以下(U-21)の男子シングルスは決勝で12歳の張本智和(エリートアカデミー)が三部航平(専大)を3-0で破って優勝した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン