2018年10月22日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング村田、初のMVP WBAミドル級王者

2018/2/9 20:53
保存
共有
印刷
その他

ボクシングの2017年男子最優秀選手に初選出された村田諒太(9日、東京都内のホテル)=共同

ボクシングの2017年男子最優秀選手に初選出された村田諒太(9日、東京都内のホテル)=共同

ボクシングの2017年プロ優秀選手が9日に発表され、男子最優秀選手には昨年10月に世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者となった村田諒太(帝拳)が初選出された。12年ロンドン五輪金メダリストの村田は日本選手として22年ぶり2人目の同級世界王座に就き、4月に初防衛戦が控える。東京都内で行われた表彰式で「1日でも長くチャンピオンでいたい。ベルトに恥じないように闘いたい」と意欲を新たにした。

技能賞は世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)が2年連続2度目の受賞。バンタム級に階級を上げて5、6月ごろに次戦を見据える。「今年は挑戦の年。試合内容にこだわっていきたい」と進化を誓った。

殊勲賞にはWBAと国際ボクシング連盟(IBF)のライトフライ級王座統一を達成した田口良一(ワタナベ)と、昨年7月に中国でWBOフライ級王座を奪取し、日本ボクシングコミッション(JBC)公認試合では36年ぶりに敵地で新王者になった木村翔(青木)が輝いた。田口が王座統一した昨年12月のミラン・メリンド(フィリピン)戦が世界戦年間最高試合。KO賞は世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)、女子最優秀選手は世界5階級制覇を成し遂げた藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が3年連続5度目の受賞となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子フリー65キロ級準決勝で勝利し、雄たけびを上げる乙黒拓斗(21日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】レスリングの世界選手権第2日は21日、ブダペストで男子フリースタイルの4階級が行われ、65キロ級で初出場の19歳、乙黒拓斗(山梨学院大)が準決勝でロシア選手を15―10で下し、2 …続き (1:32)

男子で初優勝を果たし、記念写真に納まる阿部一二三(前列右から3人目)ら日体大の選手(21日、ベイコム総合体育館)=共同

 7階級で争う柔道の全日本学生体重別団体優勝大会最終日は21日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館で行われ、男子は9月の世界選手権66キロ級で2連覇を果たした阿部一二三を擁する日体大が決勝で筑波大に3― …続き (21日 19:30)

コーナーで水を浴びる村田(20日、ラスベガス)=AP

 日米のファンによる村田コールと「USA」の大合唱。リング上さながらの声援の応酬がシビアな現実を伝えていた。地元ブックメーカーでも圧倒的優位と目された王者と、母国でもほぼ無名の挑戦者。順当に試合が進ん …続き (21日 18:50)

ハイライト・スポーツ

[PR]