/

フェンシング西藤らが決勝T進出 高円宮杯W杯

フェンシング男子フルーレの高円宮杯ワールドカップ(W杯)第1日は13日、東京五輪テスト大会を兼ねて千葉市の幕張メッセで個人予選が行われ、2017年世界選手権銀メダルの西藤俊哉(長野ク)や松山恭助(JTB)、今年のアジア選手権覇者の敷根崇裕(法大)らが14日の決勝トーナメントに進んだ。

男子フルーレ個人で決勝トーナメント進出を決めた西藤俊哉(13日、幕張メッセ)=共同

全日本選手権覇者の永野雄大、上野優斗(ともに中大)、藤野大樹(デンソー岩手)も突破したが、12年ロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒(フェンシングステージ)や15歳の飯村一輝(京都・龍谷大平安高)は敗退した。決勝トーナメントはシード選手と予選通過者の計64人で争われる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン