/

競泳・佐藤が男子100平V 日本学生選手権で大会新

競泳の日本学生選手権第2日は2日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子100メートル平泳ぎは佐藤翔馬(慶大)が59秒55の大会新記録で初優勝した。女子200メートルバタフライは長谷川涼香(日大)が2分7秒82で制した。

男子100メートル平泳ぎを59秒55の大会新で初制覇した慶大の佐藤翔馬(2日、東京辰巳国際水泳場)=共同・代表撮影

女子400メートル自由形は小堀倭加(日大)が4分8秒59の大会新で2連覇。男子200メートルバタフライは本多灯(日大)が1分55秒76で勝った。

白血病からの完全復活を目指す池江璃花子は女子400メートルリレー予選に日大の第3泳者として登場し、引き継ぎタイムで56秒19をマークした。日大は全体2位で通過したが、池江を起用しなかった決勝は3位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン