/

競泳・藤森太将、ドーピング陽性 日本選手権出場できず

日本水泳連盟は29日、2016年リオデジャネイロ五輪競泳男子200メートル個人メドレー4位の藤森太将選手(27)=木下グループ=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。同選手は暫定的資格停止処分で、夏の世界選手権代表選考会を兼ねる日本選手権(4月2日開幕・東京辰巳国際水泳場)に出場できなくなった。

昨年12月に中国で行われた世界短水路選手権の検査で、禁止物質の興奮剤「メチルエフェドリン」が検出され、予備のB検体も陽性だった。神奈川県出身の藤森太選手は日本水連を通じて「検出された禁止物質は、私が意図的に摂取したものではありません。現時点では原因が全く分かりません」とコメントした。薬やサプリメントは服用していなかったという。

競泳では昨年、リオ五輪代表の古賀淳也選手もドーピング検査で禁止物質が検出された。国際水連のドーピングパネルから示された4年間の資格停止処分を不服として、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン