その他スポーツ

石塚、400障害Vで2冠 全国高校総体第4日

2015/7/31付
保存
共有
印刷
その他

女子400メートル障害決勝 57秒09のジュニア日本新記録で優勝した東大阪大敬愛・石塚晴子(31日、和歌山市紀三井寺陸上競技場)=共同

女子400メートル障害決勝 57秒09のジュニア日本新記録で優勝した東大阪大敬愛・石塚晴子(31日、和歌山市紀三井寺陸上競技場)=共同

全国高校総体(インターハイ)第4日は31日、和歌山市紀三井寺陸上競技場などで9競技が行われ、陸上400メートル障害の女子は石塚晴子(東大阪大敬愛)が57秒09のジュニア日本新記録で優勝、400メートルと合わせて2冠を達成した。男子は高田一就(神奈川・法政二)が50秒27の大会新記録で制した。

男子砲丸投げは幸長慎一(徳島・生光学園)が18メートル21のジュニア日本新で初制覇。400メートルリレーは東京がこの種目初のアベック優勝を果たした。男子(臼田、日高、井上、大嶋)は40秒20、女子(斉田、福田、上村、エドバー)は45秒55で制し、アンカーの大嶋健太とエドバー・イヨバは100メートルとの2種目制覇となった。

女子円盤投げは郡菜々佳(東大阪大敬愛)が49メートル15の大会新で優勝。男子5000メートル競歩は小野川稔(東京実)が21分22秒29で勝った。

バレーボールは女子決勝トーナメント3回戦と準々決勝が行われ、九州文化学園(長崎)誠英(山口)文京学院大女(東京)京都橘が勝ち残った。日本代表の宮部藍梨を擁し、2連覇を狙った金蘭会(大阪)は3回戦で八王子実践(東京)に敗れた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事は30日、東京都内で開かれた理事会後に取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施できていない日本代表合宿について、拠点にする東京都北区の味の素ナショナル …続き (19:35)

IPCが統括し、開催したパラ陸上の世界選手権(2019年、ドバイ)。IPCは現在、国際競技連盟(IF)が本来担う機能を切り離し、独立させる改革を勧めている。

高まる人気 迫られる改革 [有料会員限定]


 パラリンピック・ムーブメントの広がりとともに、国際パラリンピック委員会(IPC)も変革を迫られている。昨年10月、設立30周年に合わせて公表したのが「ガバナンス・レビュー」。1年半の議論の末にまとめ …続き (18:40)

 日本体操協会は30日、緊急事態宣言解除に伴い6月1日から内村航平(リンガーハット)が、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用を開始すると発表した。
 体操協会はNTCで同時に …続き (17:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]