/

ロッテ佐々木朗「直球を意識」 今季初の打撃投手で25球

ロッテの佐々木朗が19日、沖縄県石垣市の2軍キャンプで今季初めて打撃投手を務め、5分間で25球を投げた。球団を通じ「感覚を確かめること、そして直球をしっかりと投げ切ることを意識した」とコメントした。

打撃投手を務めたロッテ・佐々木朗(19日、石垣)=球団提供・共同

沖縄本島で練習試合を戦っている1軍から離れ、石垣市に残って練習を続けている。平沢、山本斗、西川を相手に投げ「できた部分と、できなかった部分が自分の中ではっきりしたので、悪かった部分を修正して次に生かしたいと思う」と振り返った。

キャンプを新人から2年続けて1軍でスタートし、一時は練習の強度を落とした時期もあったが、焦ることなく投球練習では力強い球を投げている。順調なら3月中に実戦に登板する可能性もある。昨季は2軍でも公式戦登板がなかったが、今季は先発ローテーション入りが期待される。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン