/

卓球Tリーグ、MVPに侯英超 女子は森さくら

卓球のTリーグは15日、2019~20年シーズンの最優秀選手(MVP)を発表し、男子は東京の侯英超(中国)、女子は日本生命の森さくらを選んだ。侯英超は出場、勝利数でともに2位。森は出場数、勝利数、サービスエース数でいずれもトップだった。

ベストペアは男子が東京の田添健汰、宇田幸矢組、女子はトップ名古屋の鈴木李茄、梁夏銀(韓国)組。最優秀監督は日本生命の村上恭和総監督が選出された。1~2月の後期MVPには男子は神巧也(彩たま)、女子は森が選ばれた。

MVPなどはこれまでレギュラーシーズンとファイナルが対象だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてファイナルが中止となったため、レギュラーシーズンのみを対象として選考された。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン