/

法大監督、暴力行為で謹慎 東京六大学野球

法政大は29日、東京六大学野球リーグに所属する野球部の青木久典監督(46)に暴力行為があったとして、28日から謹慎を命じたと発表した。当面は監督経験のある金光興二副部長(63)が代行を務める。東京六大学春季リーグは4月13日に開幕する。

部員への暴力行為があったとする告発文が1月に日本学生野球協会に届いたことで表面化。法政大は委員会による調査で2015~16年ごろに問題となる行為があったことを認め、29日に東京六大学連盟に調査報告書を提出した。4月9日の日本学生協会審査室会議で処分が決定する見通し。

青木監督は15年から指揮を執り、昨秋に12季ぶり、リーグ最多に並ぶ45度目の優勝に導いた。法政大は稲葉篤紀日本代表監督らプロ野球にも多くの人材を輩出している。

法政大野球部では昨年、助監督(当時)が部員への暴力などで4カ月の謹慎処分を受けた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン