プロ野球

王さん「選手が頼もしかった」 WBCなど回顧

2019/1/18 19:57
保存
共有
印刷
その他

プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(78)が18日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、平成の野球界を回顧した。日本代表監督として世界一に輝いた2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を「日の丸を着けて向かっていった選手たちの姿は頼もしかった」と振り返った。

記者会見するプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(18日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ)=共同

記者会見するプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(18日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ)=共同

WBCではイチロー外野手や松坂大輔投手らを擁し、決勝でキューバを破り初代王者となった。「米国で戦っているうちに自信をつけてくれた。日の丸を着けるとパワーをもらう」と述べ「20年は日本開催だから、ものすごい力を発揮してくれるのではないか」と東京五輪で金メダルを狙う日本代表にエールを送った。

ダイエー(現ソフトバンク)を率いて出場した00年の日本シリーズでは巨人の長嶋茂雄監督との「ON対決」が実現。惜しくも敗れたが「常に弟分だったから何とかして兄貴を超えたい気持ちはあった。長嶋さんと戦えて特別な年だった」と盟友との対戦を述懐した。

1995年の野茂英雄投手のドジャース移籍をきっかけに、次々と日本選手が米大リーグへ挑戦する時代となった。有力選手のメジャー移籍については「米国の野球にコンプレックスがなくなった。野茂君が切り開いてくれたことが良かった」と功績をたたえた。近年は野球人口の減少が顕著となっており、裾野拡大へ「プロもアマもいろんな人が取り組んでいる。みんなが一本になって進めていかないと」と球界の団結を訴えた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

7月5日のDeNA戦で3ランを放ち、「丸ポーズ」でナインに迎えられる巨人・丸。チームにも溶け込んだ=共同

 巨人が21日、横浜スタジアムでのDeNA戦に勝って37度目のセ・リーグ優勝を決めた。5年ぶりの王座奪回を果たしたチームで「優勝請負人」の期待に応えたのが丸だ。フリーエージェント(FA)移籍1年目の今 …続き (19:31)

6回ソフトバンク無死一塁、柳田が右中間に適時三塁打を放つ(22日、京セラドーム)=共同

【ソフトバンク6―5オリックス】ソフトバンクは明石の先頭打者本塁打、柳田の適時打で一回に2点を先取。 …続き (19:32更新)

1回、引退試合の登板を終え、小川監督(手前)にねぎらわれるヤクルト・館山(21日、神宮)=共同

 ヤクルト一筋でプレーし、ともに今季限りで引退する館山昌平投手(38)と畠山和洋内野手(37)が21日、神宮球場での中日24回戦に引退試合として臨んだ。
 17年間のプロ生活を終える館山は先発して大島を …続き (21日 22:21)

ハイライト・スポーツ

[PR]