2019年5月22日(水)

プロ野球

王さん「選手が頼もしかった」 WBCなど回顧

2019/1/18 19:57
保存
共有
印刷
その他

プロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(78)が18日、東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、平成の野球界を回顧した。日本代表監督として世界一に輝いた2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を「日の丸を着けて向かっていった選手たちの姿は頼もしかった」と振り返った。

記者会見するプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(18日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ)=共同

記者会見するプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長(18日午後、東京・内幸町の日本記者クラブ)=共同

WBCではイチロー外野手や松坂大輔投手らを擁し、決勝でキューバを破り初代王者となった。「米国で戦っているうちに自信をつけてくれた。日の丸を着けるとパワーをもらう」と述べ「20年は日本開催だから、ものすごい力を発揮してくれるのではないか」と東京五輪で金メダルを狙う日本代表にエールを送った。

ダイエー(現ソフトバンク)を率いて出場した00年の日本シリーズでは巨人の長嶋茂雄監督との「ON対決」が実現。惜しくも敗れたが「常に弟分だったから何とかして兄貴を超えたい気持ちはあった。長嶋さんと戦えて特別な年だった」と盟友との対戦を述懐した。

1995年の野茂英雄投手のドジャース移籍をきっかけに、次々と日本選手が米大リーグへ挑戦する時代となった。有力選手のメジャー移籍については「米国の野球にコンプレックスがなくなった。野茂君が切り開いてくれたことが良かった」と功績をたたえた。近年は野球人口の減少が顕著となっており、裾野拡大へ「プロもアマもいろんな人が取り組んでいる。みんなが一本になって進めていかないと」と球界の団結を訴えた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

五回2死満塁、広島・菊池涼が左前に先制の2点打(21日、三次)=共同

 0―0の五回2死満塁。広島・菊池涼はカウント1―2と追い込まれながら、フルカウントに持ちこんだ。そこから変化球をバットにかすらせ、命拾い。速球もファウルにする。最後に「ストレートかな」という球を捉え …続き (21日 23:30)

7回西武1死一、二塁、山川が左中間に3ランを放つ(21日、沖縄セルラー)=共同

【西武7―6ソフトバンク】西武が勝率5割に復帰した。二回に栗山の2ランで先制し、五回に外崎の適時打などで2点を加点。4―3の七回に山川の20号3ランで差を広げた。十亀は6回1失点で2勝目。ソフトバンク …続き (21日 22:48更新)

 巨人の菅野智之投手が21日、腰の違和感で出場選手登録を外れた。22日のDeNA戦で先発予定だったが、原辰徳監督は「重症ではないと聞いている。しかし、登板は難しいかなと。しっかり治して早く(復帰に)な …続き (21日 17:54)

ハイライト・スポーツ

[PR]