/

高橋らに指名あいさつ ドラフト会議から一夜明け

プロ野球ドラフト会議から一夜明けた23日、各球団は入団交渉へ向け動きだした。ソフトバンクは球団幹部が県岐阜商高を訪れ、3球団による抽選を制して交渉権を得た高橋純平投手に工藤監督のメッセージが書かれた当たりくじを渡した。高橋は「体をつくって1軍のマウンドを目指したい」と意気込みを語った。

楽天との競合の末にロッテが交渉権を獲得した宮城・仙台育英高の平沢大河内野手は、伊東監督の訪問を受け「指名していただいた実感が湧いた」と話した。楽天は梨田新監督が1位指名のオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)に「"るい"に出るように期待しています」と駄じゃれを交えて語り掛けたが、オコエは言葉遊びに気付かず「打撃面を磨きたい」と真面目に抱負を述べた。DeNAのラミレス新監督も、1位指名の今永昇太投手(東洋大)にあいさつした。

広島の緒方監督は岡田明丈投手(大商大)、日本ハムの栗山監督は上原健太投手(明大)の元を訪れ、1位指名のあいさつをした。オリックス1位の吉田正尚外野手も球団幹部のあいさつを受けた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン