/

女子個人総合、V3狙う喜田が前半首位 全日本新体操

新体操の全日本選手権第1日は20日、群馬県の高崎アリーナで行われ、女子個人総合は前半のフープとボールを終了し、昨年の世界選手権代表で3連覇を目指す喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)が2種目合計42.450点で首位に立った。2017年大会覇者の立沢孝菜(イオン)が41.000点で2位。

女子個人総合前半で首位に立った喜田純鈴のフープ(高崎アリーナ)=日本体操協会提供・共同

男子個人総合は前半2種目で安藤梨友(青森大)がトップ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン