プロ野球

巨人、再契約の高木を支配下登録 賭博処分から1軍復帰

2018/3/23 19:47
保存
共有
印刷
その他

支配下選手登録され、記者会見で頭を下げる巨人の高木京介投手(23日、東京ドーム)=共同

支配下選手登録され、記者会見で頭を下げる巨人の高木京介投手(23日、東京ドーム)=共同

巨人は23日、野球賭博で失格処分を受けた後に育成選手として出直していた高木京介投手(28)を支配下選手登録した。1軍の公式戦への出場が可能となる。背番号は57。

高木は2016年3月に野球賭博への関与が発覚して1年間の失格処分となり、処分が明けた昨年3月に育成選手として再契約していた。東京ドームで行われた記者会見で「たくさんの方々に支えていただいた。真摯に取り組み、精いっぱい頑張っている姿を見せたい」と抱負を述べた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神は2日、甲子園球場で21日から31日まで行われる4試合の入場券の販売方法などを発表し、入場者数は全試合で5千人が上限となった。
 10~19日の9試合と同様に年間予約席の契約者、ファンクラブ会員に …続き (19:46)

 楽天は2日、観客を入れ始める10日以降に初めて楽天生命パーク宮城で開催される14日の西武戦から当面の間、1試合5千人を上限として入場券を発売すると発表した。4日午前10時に公式ファンクラブ会員から先 …続き (18:30)

 中日は2日、観客数の上限を31日のヤクルト戦からナゴヤドームの球場収容率の50パーセントへ制限を緩和することを目指し、9日からチケットを発売すると発表した。10~26日のナゴヤドームでの試合は上限を …続き (18:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]