/

東京六大学野球、春季リーグの日程発表 8月10日開幕

東京六大学野球連盟は10日の理事会で、新型コロナウイルスの影響で8月に延期した春季リーグ戦の日程を発表した。1回戦総当たりでの開催は74年ぶりで、8月10日の東大―慶大、明大―早大から8日間行われる。観客を入れるかどうかは未定で、今後の感染状況次第ではリーグ戦中止の可能性もある。

開閉会式をせず、真夏にデーゲームをこなす負担を考慮して各チームの3連戦は避けた。早慶戦は第6日の15日に組まれ、戦後初めて最終日ではない日に行われる。特別ルールとして史上初めてタイブレーク制を採用し、延長十回無死一、二塁から実施する。試合開始時間は2試合日が午前11時、早慶戦1試合だけの15日は午後1時。

6校のうち東大だけがいまだに大学の構内立ち入りや課外活動が禁止されており、井手峻監督は「大学に要望は出している。開幕当日でも解禁を待ちたい」とリーグ戦に意欲を示した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン