その他スポーツ

世界セーリング、南里55位に浮上 男子レーザー級

2019/7/5 23:31
保存
共有
印刷
その他

セーリングの男子レーザー級世界選手権第2日は5日、鳥取県境港市の境港公共マリーナ沖で行われ、4レースを終えて南里研二(百五銀行)が総合55位に浮上した。

樋口碧(神奈川県連盟)は総合82位、鈴木義弘(早大)は106位。ジャカルタ・アジア大会代表の瀬川和正(米子産業体育館)は122位に後退した。

日本連盟はこの大会を2020年東京五輪代表の選考レースとしており、3位以内の日本勢最上位は代表とする。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

札幌開催でも消耗戦の課題は残る(世界陸上の男子20キロ競歩でドリンクなどを受け取る山西利和=共同

 2020年東京五輪のマラソンと競歩が、札幌市で開催される見通しとなった。日本の陸上関係者にとって「寝耳に水」の話。戦略の見直しも迫られそうだが、「これまでの取り組みが無駄になることはない」と冷静な受 …続き (17日 23:34)

五十嵐カノア=共同

 サーフィンのプロ最高峰、チャンピオンシップツアー(CT)を運営する世界サーフリーグ(WSL)は17日、男子で22歳の五十嵐カノア(木下グループ)が東京五輪の出場権を暫定的に獲得したと発表した。今年の …続き (17日 21:21)

 東都大学野球リーグ第6週第2日は17日、神宮球場で2回戦3試合が行われ、中大が2004年秋以来となる30季ぶり25度目の優勝を決めた。
 中大は7―6で立正大に逆転勝ちで連勝し、8勝1敗で勝ち点4とし …続き (17日 21:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]