/

青学・原監督「4区で抜け出したい」 4日に全日本大学駅伝

全日本大学駅伝を前に、記者会見で意気込みを語る青学大の原晋監督=手前(2日、名古屋市)=共同

全日本大学駅伝(4日・名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106.8キロ)の監督記者会見が2日、名古屋市内で開かれ、10月の出雲全日本大学選抜駅伝に続く優勝を狙う青学大の原晋監督は「熱き思いを持って名古屋に来た。(この大会は)非常に難関な駅伝だと思っている」と力を込めた。

この日発表されたエントリーでは出雲で区間賞を獲得した鈴木塁人を3区、エース格の林奎介を4区に置いた。監督は「3区、4区である程度流れをつくりたい。4区で抜け出したい」とイメージした。

出雲2位の東洋大、酒井俊幸監督はアンカーに相沢晃を置き「久しぶりの優勝を目指したい」と3季ぶりの制覇をにらんだ。東海大の両角速監督は距離が約6キロ延びた7区をポイントにし「一番難易度が増した区間。うまく勝負の流れに乗ってほしい」と意気込んだ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン