スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング連絡会議、7月再開方針を確認 当面は無観客

2020/5/15 19:41
保存
共有
印刷
その他

日本ボクシングコミッションと日本プロボクシング協会は15日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、ガイドラインに沿って7月に興行を再開する方針を確認した。東日本協会の管轄内では7月に三つの興行が計画されている。

各自治体の要請に従うことを前提とし、当面は原則無観客とする。一部興行主から観客を入れる要望があり、前後左右の席を空け自由席は販売しない、観客のメールアドレス提供を求めるなどの方策を軸に協議する。

選手は試合当日に体温が37.5度以上ある場合は出場できない。興行は1試合でも実施可能とし、8試合以内。医療機関の逼迫を考慮し、安全確保のための選手受け入れ病院の確定、救急車の待機を求めるとした。感染防止のため唾液を含むマウスピースの取り扱い方法や、抗原検査の実施を検討する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

プロボクシングの国内興行が再開し、中日本新人王の予選で対戦するミニマム級の松本幸士=右(12日、愛知県の刈谷市あいおいホール)=共同

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月を最後に中断していたプロボクシングの国内興行が12日、愛知県の刈谷市あいおいホールで再開された。中日本新人王の予選で観客を入れず、5試合を行った。
 感染防止対策 …続き (12日 19:51)

プロボクシング興行再開となる中日本新人王の予選の前日計量で、検温を受けるミニマム級の松本幸士(11日、愛知県刈谷市)=共同

 12日に愛知県刈谷市で2月以来の国内興行を再開するプロボクシングは11日、同市で中日本新人王予選の前日計量を行った。新型コロナウイルスの影響による自粛明けで抗体検査も一緒に行われ、出場選手10人全員 …続き (11日 21:26)

豪雨で浸水被害を受けたジムの復旧作業をする岡沢セオン(7日、鹿児島県鹿屋市)=共同

 ボクシングの東京五輪男子ウエルター級代表の岡沢セオン(鹿児島県体協)が7日、電話取材に応じ、豪雨により拠点の鹿児島県鹿屋市のジムが浸水被害を受けたことに「このジムから五輪に出たい。少しでもいつもの状 …続き (7日 18:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]