/

サッカーW杯予選、ミャンマー戦延期 代替日は未定

(更新)

日本サッカー協会は19日、横浜市の日産スタジアムで3月25日に行われる予定だったワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選のミャンマー戦の延期を発表した。代替日は未定。

延期はミャンマー連盟が要望し、アジア連盟(AFC)が承認した。ミャンマーは軍事クーデターが起きているが、オンラインで取材対応した日本協会の反町康治技術委員長は「理由はよく分からない」と話した。3月30日のモンゴル戦(千葉・フクダ電子アリーナ)は予定通り実施される。

反町委員長によると、AFCは6月15日までに2次予選の全日程を終えるよう指示している。日本は同7日にタジキスタン、15日にキルギスと国内で対戦するほか、3日と11日に国際親善試合を予定しており、どちらかにミャンマー戦を組み込む可能性がある。

AFCは6月の2次予選について、集中開催で行うことを検討している。反町委員長は開催地に名乗りを上げるかどうかについて、「なるべく早い段階で判断したい」と含みを持たせた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン