/

横綱鶴竜ら、陸奥部屋へ転属 井筒親方の急逝で

日本相撲協会は27日、井筒親方(元関脇逆鉾)の死去に伴い、横綱鶴竜ら井筒部屋の力士3人、床山1人の陸奥部屋への転属を承認したと発表した。陸奥部屋は井筒部屋と同じ時津風一門。師匠の陸奥親方(元大関霧島)は、井筒部屋出身で故井筒親方の兄弟子に当たる。

井筒親方は16日に急逝し、鶴竜らは同じ一門の鏡山部屋の一時預かりとなり、今後の処遇が協議されていた。

陸奥部屋には鶴竜と同じモンゴル出身の十両霧馬山ら、秋場所時点で12人の力士が在籍している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン