/

ソフトバンク小久保ヘッドが初仕事 ファーム施設を視察

今季から就任したソフトバンクの小久保裕紀ヘッドコーチが15日、福岡県筑後市のファーム施設を視察した。合同練習を行う新人を集めて話をするなど、初仕事を終え「出会う人によって変わる子もいる。指導する側の覚悟というか、責任重大だなと思って選手を見ていた」と話した。

新人選手にはメモを取る習慣をつけ、空いた時間を有効活用するように伝えたという。自らの現役時代と同じ三塁手のスラッガー候補で、ドラフト1位の井上朋也内野手(埼玉・花咲徳栄高)については、「正直自分の18歳の頃よりは数段うまい。ボールを飛ばせる膝の使い方をしていた」と期待を口にした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン