/

スノボ成田が金 平昌パラ、アイスホッケー日本は8位

スノーボードバンクドスラローム男子下肢障害で金メダルを獲得し、表彰式で笑顔を見せる成田=横沢太郎撮影

平昌冬季パラリンピック第8日(16日)スノーボードは3回の滑走でベストタイムを競うバンクドスラロームを実施し、男子下肢障害で成田緑夢(近畿医療専門学校)が金メダルを獲得した。「銅」だったスノーボードクロスに続く今大会2個目のメダルで、この種目の初代王者に輝いた。日本勢のメダルは8個目。

成田は1回目で50秒17をマークし、2位と0秒28差でトップに立つと、2回目で49秒61、3回目で48秒68とタイムを縮め、後続を振り切った。

大腿障害の小栗大地(三進化学工業)は6位、山本篤(新日本住設)は記録なしに終わった。

バイアスロンは長距離種目が行われ、男子15キロ立位で佐藤圭一(エイベックス)が8位に入賞し、星沢克(北海道・立命館慶祥高)は13位。視覚障害の高村和人(盛岡視覚支援学校教)は13位だった。女子12.5キロ立位の出来島桃子(新発田市役所)は9位、座位の新田のんの(北翔大)は13位。

パラアイスホッケーの日本は7、8位決定戦でスウェーデンに1-5で敗れ、最下位の8位だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン