2019年8月26日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

全柔連、山下会長が再選 東京五輪へ「力を結集」

2019/6/21 19:41
保存
共有
印刷
その他

全日本柔道連盟(全柔連)は21日、東京都内で評議員会と臨時理事会を開いて役員を改選し、2期目となる山下泰裕会長(62)の再選が決まった。任期は2年。金メダル量産が期待される来年の東京五輪に向け、強力なリーダーシップの下で体制を継続していく。

全日本柔道連盟の会長に再選され、取材に応じる山下泰裕会長(21日、東京都内)=共同

全日本柔道連盟の会長に再選され、取材に応じる山下泰裕会長(21日、東京都内)=共同

8~9月には五輪の前哨戦として、同会場の日本武道館で世界選手権が行われる。山下会長は臨時理事会後に「日本柔道界にとって、極めて重要な2年間になる。力を結集し、国民の期待に応えたい。そのための環境づくりが大事だ」と抱負を語った。

山下会長は1984年ロサンゼルス五輪無差別級覇者で、国民栄誉賞を受賞。現役引退後は男子日本代表監督などを歴任し、2013年に全柔連副会長となった。暴力指導問題など続発した不祥事から組織再建に努め、17年に会長に就任した。

27日に役員を改選する日本オリンピック委員会(JOC)の次期会長への就任も確実視。評議員会では兼任した場合の負担増へ不安の声も上がったが、山下会長は「仮定の話はできない」と述べるにとどめた。これまで3人の副会長を5人に増やし、元厚生労働省局長の石井淳子氏(61)が女性初の副会長に登用された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

男子60キロ級3位決定戦で高藤(右)を攻める永山

 残り26秒で技ありを許し、3位決定戦もあと5秒足らず。両者が崩れ、もう大丈夫、と高藤が手綱を緩めた瞬間だった。「ここで勝たないともう五輪はない」。ダメでもともと、と帯をつかんだ永山が強引に裏返す。技 …続き (25日 23:18)

女子48キロ級決勝でウクライナ選手に技ありを取られた渡名喜(下)

 最後は押せ押せで試合終了のブザーを聞いた。直後、畳の上に寝転がって歓喜に浸ったビロディドの姿は、渡名喜がこの18歳の女王をあと一歩まで追い詰めたことを示していた。

世界柔道、渡名喜が銀、永山が銅
  …続き (25日 23:16)

女子48キロ級決勝でウクライナ選手に敗れた渡名喜(右)

 柔道の世界選手権は25日、東京・日本武道館で開幕し、女子48キロ級で昨年2位の渡名喜風南(パーク24)は昨年と同じ顔合わせとなった決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢で敗れ、2年続けて2位だ …続き (25日 21:16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。