/

各球団が指名あいさつ ドラフト会議から一夜明け

プロ野球のドラフト会議から一夜明けた26日、各球団は入団交渉に向けて動きだした。中日が4球団競合の末に交渉権を得た大阪桐蔭高の根尾昂内野手は大阪府大東市の同校で与田剛監督らから指名あいさつを受け「ドラゴンズを優勝させる。自分の力でチームを底上げするのが一番の自分の使命だと思っている」と語った。

日本ハムから1位で指名された秋田・金足農高の吉田輝星投手は栗山英樹監督と秋田市内の同校で初めて対面。2020年東京五輪に向け「自分も日の丸を背負いたいと言ってきた。五輪を目指していきたい」と宣言した。

東洋大の上茶谷大河投手と甲斐野央投手はそれぞれ1位指名を受けたDeNAとソフトバンクから指名のあいさつを受けた。上茶谷は「新人王を取りたい」と力強く話し、甲斐野は首脳陣の即戦力との評価を伝え聞き「満足せず、これからが自分の勝負」と口元を引き締めた。

阪神から1位指名された大阪ガスの近本光司外野手は矢野燿大監督から訪問を受け「走塁や盗塁でチームの勝利に貢献できたら。新人王と盗塁王を目指して頑張っていきたい」と喜んだ。

楽天1位の立命大の辰己涼介外野手は石井一久ゼネラルマネジャー(GM)から指名のあいさつを受け「ゆくゆくは日本を代表する選手になりたい」と抱負を述べた。オリックス1位の奈良・天理高の太田椋内野手は長村裕之球団本部長らからあいさつを受け「走攻守全てで貢献できるようにしたい」と力強かった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン