/

日本ハム宮西、2年6億円で残留 海外FAせず

日本ハムの宮西尚生投手(35)が4日、札幌市内の球団事務所で記者会見し、保有している海外フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると発表した。出来高払いを含む2年総額6億円の契約に合意し「コロナ不況の中で最高の評価をしてもらった。感謝しかない」と笑顔で語った。

海外FA権を行使せず残留することを発表した日本ハム・宮西(4日、札幌市内の球団事務所)=共同

今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響で120試合に短縮されたが、新人だった2008年から続ける50試合登板を13年連続でクリアした。不調の秋吉亮投手に代わり抑えも務め、50試合で2勝1敗8セーブ、防御率2.05。ただ、チームは2年連続で5位に終わり、来季に向け「栗山監督を日本一にするためにも今年以上の成績を残したい」と力強く語った。

2年契約で元中日の岩瀬仁紀氏が記録した15年連続50試合登板を目指す。「リリーフとしての道しるべをつくってくれた方なのでしっかり目指していきたい」と話した。(金額は推定)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン