/

坂井・寺内組は最下位 飛び込みワールドシリーズ

全5戦で争う飛び込みのワールドシリーズ第1戦、相模原大会は1日、相模原市立総合水泳場で行われ、男子シンクロ板飛び込みの坂井丞、寺内健組(ミキハウス)は322.23点で最下位の8位と振るわなかった。5回目の演技で寺内が板から滑り落ちるアクシデントがあった。

男子シンクロ板飛び込み 5回目の演技で板から滑り落ちた寺内健(奥)。手前は坂井丞(1日、相模原市立総合水泳場)=共同

女子シンクロ板飛び込みの金戸凜(セントラルスポーツ)安田舞(エリートアカデミー)組は273.42点で6位、男子シンクロ高飛び込みの伊藤洸輝(日大)村上和基(JSS白子)組も360.99点で6位。女子シンクロ高飛び込みの板橋美波、荒井祭里組(JSS宝塚)は282.72点で7位だった。中国勢がこの日の全4種目を制した。ワールドシリーズの日本開催は、昨年の富士大会に続き2度目。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン