サッカー

Jリーグ、PCR検査で陽性なし 全員が試合参加可能

2020/7/10 18:33
保存
共有
印刷
その他

Jリーグは10日、選手や審判員らを対象に2~5日に実施した新型コロナウイルスのPCR検査の最終結果で、陽性確定数は0件となり、全員が試合に参加できると発表した。

3182件の検体のうち、3175件が陰性。残る7件は検体不足などで判定が出なかったが、健康管理や行動管理が徹底されていることや、前回の検査で陰性だったことなどから問題ないと判断された。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 プロ野球とサッカーのJリーグが連携して設置した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第13回会議が11日、オンラインで開かれ、新型コロナの感染者が出て保健所による濃厚接触者の判定が間に合わない場合、リ …続き (13:46)

 サッカーJ1の鳥栖は11日、金明輝監督(39)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。スタッフ3人が濃厚接触者と判定された。選手にはいないという。
 金監督は8日昼に体調不良があったが …続き (13:45)

 【ベルリン=共同】サッカーの欧州リーグは10日、ドイツ各地で準々決勝2試合が行われ、インテル・ミラノ(イタリア)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が4強入りした。
 インテル・ミラノはルカ …続き (10:14)

ハイライト・スポーツ

[PR]