/

貴景勝「多くの人に元気を」 かど番の春場所に意欲

大関貴景勝=共同

大相撲春場所(14日初日・両国国技館)を3度目のかど番で迎える大関貴景勝が5日、報道陣の電話取材に応じ「自分のいい形をもう一回考えて、多くの人に元気を出してもらえる相撲を一生懸命取っていきたい」と活躍への意欲を語った。

1日の番付発表後から相撲を取り始め、5日は東京都板橋区の常盤山部屋で幕下以下と汗を流した。初場所の途中休場の原因となった左足首の負傷は順調に回復し、稽古中も気にならないという。「怖がっていてもしょうがない。動きを確認しながら、どんどん稽古できたら」と前向きだ。

2月の健康診断で体重を測定し、昨年秋場所前の前回公表時に比べて17キロも減り、166キロとなった。減量する意識は特になく、鍛錬のメニューを変えたところ、自然に落ちていったという。

兵庫県芦屋市出身。新型コロナウイルスの影響で春場所の会場が大阪ではなくなり「1年に1回なので残念」と率直に話す。近日中に関脇隆の勝ら関取衆とも手合わせを始める予定で「万全の状態で出ることが大事。よく考えながら稽古して、初日にいい状態で臨みたい」と集中力を高めた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン