/

W杯出場選手に年金制度創設へ 日本サッカー協会

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は2日、東京都内で3月からの2期目の任期へ向けた方針を説明し、ワールドカップ(W杯)に出場した日本代表選手への年金制度をつくる考えを示した。日本協会の放送権収入の3~5%を積み立て、早ければ2019年度予算に組み込む。

「すぐに米大リーグのようにはならないが、(W杯初出場した)1998年の選手から払える可能性がある」と話し、法的な課題にも取り組むという。日本代表スタッフとJリーグクラブの交流促進や、会長選挙の制度改正などの施策も掲げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン