/

広陵・中村「実感湧いた」 広島が指名あいさつ

広島からドラフト1位指名された広島・広陵高の中村奨成捕手が27日、広島市内の同校で担当スカウトらからあいさつを受けた。真新しい赤い帽子をかぶり「プロ野球選手になるんだと実感が湧いた。ますますやる気が出た」と相好を崩した。

緒方監督は欠席したが「出会いに感謝」というメッセージが書かれた当たりくじを手にし「早くこのチームでプレーしたい」と待ち切れない様子。走攻守における高い能力を改めて評価され「誰も作っていない記録、一番高いところを目指していく」と力を込めた。

母啓子さんには前日の夜に電話で報告し、祝福とともに「今からが勝負」とエールを送られた。広島ファンの多い同級生らからも応援され「カープの看板選手になれるように。まずは開幕1軍を目指していきたい」と晴れやかに言った。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン