/

鹿児島国体の年内開催断念 本大会初、延期へ協議継続

鹿児島県で10月に開催予定だった第75回国民体育大会と第20回全国障害者スポーツ大会について、主催者の日本スポーツ協会や日本障がい者スポーツ協会、県などは19日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、両大会の年内開催を断念したと発表した。来年以降に延期する。1946年の第1回大会以来、国体の本大会の延期は初めて。

県は1年程度の延期を要望しているが、調整は難航しており、結論を持ち越した。来年以降の開催地となる三重など2024年までの開催4県は影響のない対応策を求めており、延期の時期は今後も協議を続ける。障スポは台風で中止となった昨年に続き、2年続けて実施見送りとなる。

年内開催断念を巡り、専門家からは1年程度は大規模なスポーツイベントの開催が困難との助言を受けたという。東京都内で記者会見した日本スポ協の伊藤雅俊会長は鹿児島での国体開催時期は未定とした上で、次の国体について「今年と同じタイミングの秋を考えている」と述べた。鹿児島県への予算補助は現時点で考えていないとした。

オンラインで会見に臨んだ鹿児島県の三反園訓知事は「できる限り早く開催できるように、連携しながら努力したい。今後の開催県には、ご迷惑をお掛けする。心からご協力をお願いするよう申し上げたい」と話した。

国体は各都道府県の持ち回りで開催され、2万人規模が参加する国内最大級の総合スポーツ大会。ウイルス禍で予選を計画通りに行えず、全国からの移動や宿泊に伴う感染リスクを払拭できなかった。21年は三重、22年は栃木、23年は佐賀、24年は滋賀で開催が予定されている。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン