/

ラグビー大学選手権、決勝は観客入れ開催 11日早大―天理大

日本ラグビー協会は8日、東京・国立競技場で11日に行われる全国大学選手権決勝の早大―天理大について、観客を入れて開催すると発表した。緊急事態宣言でイベントは最大5千人かつ収容率50%以下に制限されるが、既に販売したチケットは適用されないとの政府見解を受け、約1万7千枚は入場可能とする。

16日開幕のトップリーグ(TL)も販売済みチケットは有効とし、開幕日に国立競技場で行われる東芝―NTTコミュニケーションズは既に約2万枚が売れている。今後販売するチケットは各会場の収容率50%を上限に最大5千人に制限。払い戻しには応じる。感染防止を徹底し、観戦後は会食を自粛するよう周知する。

東京五輪を目指す7人制日本代表候補の活動も予定通り実施し、女子のハレ・マキリ新ヘッドコーチも来日して8日にチームに合流した。オンラインで記者会見した日本協会の岩渕健輔専務理事は「政府、各自治体の要請を順守しながら進めることが大前提。一日一日変わる状況に対応し、無観客が必要ならちゅうちょなく判断する。ラグビー界としてワンチームで進める」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン