2019年2月22日(金)

高校野球

選抜出場2校の監督に謹慎処分 春日部共栄と松山聖陵

2019/2/1 17:57
保存
共有
印刷
その他

選抜高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)に出場する春日部共栄(埼玉)と松山聖陵(愛媛)の2校で、部員への暴力があった監督が謹慎を科されて大会に参加できなくなった。1日に東京都内で開かれた日本学生野球協会の審査室会議で処分が決まった。

春日部共栄の本多利治監督は報告義務違反と合わせて5月11日まで4カ月の謹慎。昨年4月の練習試合で見逃し三振した選手に腹を立てて平手打ちなどをした。

松山聖陵の荷川取秀明監督は報告義務違反を含めて3月25日まで2カ月の謹慎となった。部員の生活指導をする中で、顔をつかんで壁に押しつけた行為が動画で撮影されており、選抜出場決定後にインターネットで流布されて発覚した。

審査室会議に出席した日本高野連の西岡宏堂副会長は「非常に遺憾。生徒は指導を受けてきた監督と、甲子園で(一緒に)戦いたいという思いはあると思うが、その思いを裏切っている」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、昨年12月に高知商のダンス同好会の有料発表会に野球部員が出演したことについて、野球部長に処分や指導を行う必要はないとして「不措置」とすることを決めた。
 今 …続き (20日 19:40)

 日本高野連は20日、大阪市内で理事会を開き、新潟県高野連が今春の新潟県大会での導入を目指していた投手の球数制限について、新潟県高野連に、再考を求めることを決めた。専門家を交えた「投手の障害予防に関す …続き (20日 18:31)

 高知商の野球部員がダンス同好会の有料発表会に出演したことについて、日本高野連は13日の全体審議委員会で、日本学生野球憲章の禁ずる「商業的利用」に当たらないと結論付けた。その一方で、責任者である野球部 …続き (13日 22:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]