プロ野球

ヤクルト村上、PCR検査で陰性 慢性へんとう炎と診断

2020/6/5 18:51
保存
共有
印刷
その他

プロ野球ヤクルトは5日、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を4日に受けた村上宗隆内野手(20)の検査結果が陰性だったと発表した。

球団によると、村上内野手は慢性へんとう炎による発熱との診断を受けた。既に熱は治まっており、喉の痛みが無くなればチームへの復帰が可能と判断されたという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 楽天に移籍した涌井の背番号「18」を継承したロッテの二木が7回2失点で今季初勝利。6月30日の楽天戦で二回途中6失点でKOされて2軍落ち。1カ月間、直球の球威を上げるための下半身の使い方を調整してき …続き (8日 23:08)

 七回、1点差に迫ってなお2死満塁で打順が回った日本ハムの渡辺。160キロ超を連発する西武のギャレットに「人生で一番速い球」と驚きながらもファウルで粘り、フルカウントからの160キロを左前に運ぶ決勝2 …続き (8日 23:07)

 5回DeNA2死二塁、佐野が中越えに勝ち越し2ランを放つ=共同

 DeNAの4番佐野が五回、ヤクルト小川の投じた12球目をはじき返した。根負けしたように甘く来たスライダーを完璧に捉えた一撃が中堅バックスクリーンへ。「粘りながら集中力を切らさず打てた」という勝ち越し …続き (8日 23:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]