/

空手の女子形、清水が決勝進出 プレミアリーグ

女子個人形の予選で演武する清水=小幡真帆撮影

空手のプレミアリーグ東京大会は6日、五輪会場となる日本武道館で開幕し、形女子で2014、16年世界選手権覇者の清水希容(ミキハウス)が3試合を勝ち上がり、昨年世界女王のサンドラ・サンチェス(スペイン)との決勝に進んだ。大野ひかる(大分市消防局)尾野真歩(慶大)岩本衣美里(クリーンコーポレーション)は3位決定戦に回った。

組手は男子67キロ級で五明宏人(ALSOK)が決勝進出。女子50キロ級で昨年世界女王の宮原美穂(帝京大職)は準々決勝で敗退した。

プレミアリーグは東京五輪出場のためのポイント対象大会。各種目の決勝と3位決定戦は最終日の8日に行われる。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン